buG

Special CD from BassMagazine”2030″
#68 2030 #69 2030(Guitarless Ver.)

#1 2030 M:Satoshi Honda
Time
3:07

BPM
126
16BeatのCoool!!!なRockTune!! 0:14—ペンタトニックスケールによるCooool!!なリフ。 2回目以降のリフ頭に付く16分音符の空PickがPointです。
0:23—Bメロ(Bリフ?)。ここでもリフ頭の空Pickはあります。 偶数小節、ここではまだ我慢です(汗)
0:48—凄いSpeed感のFill!! 3弦7FのE音から、2弦9F-1弦7F-9F-7F-2弦9F-7F-5F-3弦7F-5F-7F-2弦5F-7F-5F、 という運指かと思われます。OnTimeで弾くのが困難ですね。。。
0:54—Bメロ(Bリフ)2回目。偶数小節3拍目のA#音が気合を入れ過ぎないのがポイントでしょう。
1:09—C#音から始まって、1弦9F(もしくは2弦14F)のE音をStayさせて、Roo を半音ずつ降下させて行くBassSolo。G#音で終わってるのがPointですね。
1:53—2弦12F-3弦14F-1弦14F-2弦12F-3弦10F-1弦12F-2弦12F、という運指と思われるFill。流石に聡さん、滑らかですね….
2:02—またもC#音から始まるBassSolo。3弦4Fから始めた方が2:07のOctaveUpSlideの雰囲気を出し易いかと思われます。
2:18—Solo後半。ド頭のフレーズは不規則な符割りなので、覚え込むしか無いでしょう。そっちに気を取られていると2:23のE音へのSlideを忘れてしまいがちです。

1st.single”Dreamin’ buG
#1 Dreamin’ buG #2 LOVE SUICIDE #3 LOVE SUICIDE inst ver.

#1 Dreamin’ buG W&M:Takeshi Honda
Time
3:57

BPM
136
IntroのVocoderっぽい毅さんの声が印象的なPopTune 0:14—Fuzzっぽい音色が印象的です。2弦10Fから弾き始めると運指が楽でしょう。
0:23—Mainリフ。Fletless指弾き+歪み、と聞こえるのは私だけでしょうか? このウネリ方とAttack音の丸さから、そう想定されます。
1:08—Aメロ2回目。Bassの譜割りが変わるだけで曲調ががらっと変わる、という好例ですね。 1:14の4弦3FからのFillも利いていますね。この部分はFlettedのように聞こえます。
1:37—サビ。転調(?)しているので、Chord=A(major)時の経過音のFは#して(4弦2F)います。
2:45—Chord=Eで2拍3連。個人的には1弦9,8,7Fと2弦9Fという運指が楽だと思います。
3:16—Chordが変わってもAの音でのFillが入り続ける、というとてもスリリングなFill。 この部分でのウネリ方は、やはりFletlessのように聞こえます。

#2 LOVE SUICIDE W&M:Satoshi Honda
Time
4:41

BPM
130
Hard,Heavy&Funkyyy!! 0:07—Coooool!!なリフ!4小節単位で。3小節目のE♭(D#)音が効いてますね。
0:22—Aメロ。Tightに16分でキマってますが、これを弾きながらお唄いになってらっしゃったのでしょうか… 4小節目のA#(B♭)音がHeavyさを強調していますね。
1:21—Bメロ。Aメロとは対照的に全音符でのPlay。E→A#(B♭)の進行がまたスリリングですね。
2:20—サビ。1拍目のMuteは、歪ませていると難しいので気を付けましょう。しかしこれもまた唄いながらってのは….
2:50—ここからの5小節だけ、BPM=122まで落としてあるようです。

2nd.single”DIVE IN TIME”
#1 DIVE IN TIME #2 LOVE FOR SALE

#1 DIVE IN TIME W&M:Takeshi Honda
Time
5:07

BPM
100
(99.5?)
この微妙なTempoと重量感が心地よいですね 0:00—Mainリフ。ハンマリング&プリングの連続です。指がつりそうです。 偶数小節4拍目の4度と5度を使ったFillは特に注意しましょう。
0:20—少し柔らかい音色になっています。 こういう音色変化をには、Pickを持った時に余った指(中指など)を使っても良いかもしれません。
0:59—Bメロ。Muteが重要です。Root+短3度+5度の音のみで構成されたリフですが、一時転調ありです。
2:05—サビ。この部分でのルートに対する5度の音を使ったFill、ほんの一瞬ですが、効いてますね。
2:40—G.Soloバック。Dのルートに対して、B♭(もしくはA#、短6度)とB(長6度)を使ったLine。 理論的にはこんな説明しか出来ませんが、”Minorかと思ったらMajorだったりでスリリング!”ってなとこでしょうか?
4:13—Root→長3度→5度→Oct上が連続するLine。Slideを使った滑らかな仕上がりですね。

#2 LOVE FOR SALE W&M:Satoshi Honda
Time
3:43

BPM
120
まさに極上のPopTune! 0:08—いきなり片チャンネルに振られたBass。0:15でMelodyとUnisonしてますが、静かな部分だけに効いてますね!
0:54—Bメロ明け。一時転調のChord=Dが効いています。
2:02—G.Solo入り口。16分音符3つのパターンを繰り返す、というLine。Speed感を大切に。
2:38—4弦18FのC#音からOct下のC#まで下るLine。プリングは1ヶ所だけで、それ以外の音は全てPickingしてると思われます。